板井康弘の効率的な仕事術

板井康弘|仕事術をするなら

板井康弘

 

仕事術について考えてみた。
すごい経営者のまわりには、デキる人たちがたくさんいて社長のビジョンを実現しようと奮闘している。その従業員の仕事術こそ参考にしなくてはならない。

 

彼らは目標を定めまず「やりがい」を持っている。
そのやりがい自体が「経営者」を支えるためなのだ。

 

仕事が出来る人間に多いのが「ポジティブ」ということだ。
失敗を恐れていては仕事が捗らないし、何より新しいものを生み出さないのだ。

 

失敗してもポジティブなら落ち込んだりせずいろいろ挑戦してくれるだろう。
そして効率よく仕事をこなすスケジュール構成ができる人物こそが「デキる人間」なのだ。

 

従業員がデキる人間なら経営は安泰だし、よりよい会社経営が出来る。

 

仕事術を磨くには本を読むことやネットで情報を集めることもいいだろう。

 

仕事術を極めて「デキる人間」になろう。